入力の残り 9
特定の数字で日本語の数字のワークシートを作成

このビンゴシートで、日本語の数字の練習を楽しいゲームに変えましょう。

日本人はアラビア数字(1.2.3.4)を使っていますが、このビンゴシートは、日本語の数字を学び、練習する機会を提供するとともに、聞き取りや認識のスキルを促進します。

日本では、アラビア数字(1、2、3、4)を使う場面もありますが、日本独自の漢字を使った数字もあり、さまざまな場面で使われています。このビンゴシートでは、漢数字(一、二、三、四)を使用しています。漢数字の構造、長い数字の表現方法は、「カウンター」がない分、アラビア数字に似ています。例えば、3,500を漢字で書くと「三千五百」となる。簡単に言うと、3=三、×000=千、5=五、×00=百ということです。

ビンゴシートに表示させたい数字をアラビア数字で入力します(例:1、2、3、4など)。ビンゴシートの数字の大きさは、9(3x3)、16(4x4)、25(5x5)から選択できるので、学習者のレベルやビンゴに費やしたい時間によって選ぶことができます!

ビンゴシートの数字の位置は、1、2、3、4などアラビア数字で入力します。

また、ビンゴシートの数字の位置がランダムになっているので、どのシートにも同じ数字が違う場所に表示されます。

また、解答用紙を印刷するオプションもあります。

また、解答用紙を印刷するオプションもあります。解答用紙には、日本語の数字と括弧内の数字が記載されています。

このビンゴシートジェネレータは、日本の数字の知識をテストするために設計されており、クラスで使用することができます。

日本の数字の知識をテストするのに最適な方法で、すぐに印刷することができます。10,000~15,000の範囲で乱数を入力したい場合は、こちらのワークシートジェネレータをご利用ください。

これは日本の数字の知識をテストするのに最適な方法で、すぐに印刷できます。

他にも、 ギャップを埋める 作成 空のスペース など、たくさんの日本語学習ワークシートがあります




Copyright

© 2012-2021 Shudian Ltd.|Privacy Policy & Terms of Use|Contact us

- All rights reserved.